オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
ニュースリリース
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

7万円・8万円台スーツの取り扱い終了

ハリソンズオブエジンバラ 
ボットーネでは創業以来、
オーダースーツ68,000円上下、からのお仕立てを承ってまいりました。

しかし、以下の点から、最低お仕立て価格の引き上げを行いました。

・低価格生地の取り扱い廃止

より良い一着を追及していくなかで、
単純に価格が低いからという理由ではなく、
粗悪な生地、仕上がりが弊社基準値に満たない生地、
ブレの強い生地など、
できる限り品質の悪い生地を提案せず、
できる限り良い服を、と考えていくなかでの決断です。

フィットしたスーツ自体は、低価格レンジの生地でもお仕立てできるのですが、
私たちとしても合格点以上の素材を用いて料理し、
それをご提供したいという想いから、
低価格素材の廃止に踏み切りました。

・お仕立ての向上

日々取り組んでいることではありますが、
少しでも良いお仕立てをご体感いただきたい思いから、
芯地や制作工程もクイック体制ではない、
良い服作りをする上で、品質を上げました。

代表松以外に、
コンシェルジュ小寺の2名体制となり、
洋服に対して、クライアントに対して、
真剣に向き合える人間のみでボットーネは再構成いたしました。
当然ながらアルバイトクルーはフィッティングや採寸は行わせませんし、
入社したてのクルーが採寸をするということはあり得ません。

コンシェルジュは専門知識を兼ね備え、
経験と感性、高いコミュニケーション能力を要します。

もちろんまだまだこれからではありますが、
10年積み上げた知識と実績をもとに、
品質向上と低価格生地の取り扱い中止に踏み切り、

実際には最適お仕立て価格を、
102,000円(税抜き)といたしました。

ちなみに、
これまでその価格帯域で当サロンで
オーダースーツなどをお仕立てなさっていた皆様は、
特別変化なく品質向上とお考えいただいて相違ございません。

2016年6月19日 ブログ | ニュースリリース