あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
結婚式の新郎衣装を制作したお客様事例

クラシックなブラックタキシード 本格フォーマル素材モヘアバラシャでお仕立て

みなさん、こんにちわ。

クルーの林です。

今回はクラシカルな雰囲気漂う、フォーマルなブラックタキシード が完成いたしましたのでご紹介いたします。

こちらはブラックタイのパーティ用に誂えた1着になります。

正式なタキシードですのご結婚式用にも勿論適しています。

フォーマルなブラックタキシード

大人の魅力溢れるブラックタキシード 。

ブラックの生地なんて、どれも一緒では?と思う方も多いかと思いますが、そんなことはございません。

ひとえに黒い生地と言っても、光沢のある黒、マットな黒、墨のように深い黒、赤みのある黒、と様々です。

今回お仕立てさせていただいたのは光沢があるブラック。

イタリアの生地です。

ウールだけでなくモヘアを織り交ぜているので、ウールだけの生地と比べるとより光沢感が感じられるタキシードとなります。

モヘアは硬さもあるので、シワのないパリッとした仕上がりです。

フォーマル仕様の織り方

素材の織り方も、綾織りや平織りではなく「バラシャ織り」となっており、まさにフォーマル仕様。

この「バラシャ織り」という生地は、タキシードをはじめとする礼装に使われる専用の素材なんです。

タキシードは無地の生地で仕立てるもの(一部ファンシータキシードというチェック柄のタキシードもあります)。

そこで、そのシルエットや素材感は最重要課題といっても良いでしょう。

精悍なピークドラペル

デザインは、幅の広いピークドラペルに、深くUの字に空いたカマー調のベストを合わせます。

幅の広いピークドラペルはシャープな印象でありながら、男性的な威厳を感じさせるまさに紳士のタキシード。

プリーツ(ピンタック)付きのフォーマル仕様のシャツには、胸元にスタッドボタンを。

エレガントな装いへと格上げします。

ベストはこのように深くUの字に空いています。

ちなみに、このタキシード用のシャツ、ピンタックには意味があることをご存知ですしたか?

そして、勿論スタッドボタンにも意味が。

首元には手結びのボウタイを

首元にはもちろんブラックタイ。バタフライ型のブラックタイを、しっかりと自分の手で結びます。

簡易的なホック式のボウタイには出せないボリューム感、自分なりの味が生まれるはずです。

美しい背中

背中はもちろんノーベント。

着丈はやや長めでトレンドに左右されない普遍的なシルエット。ヒップを美しく包み込むよう、フィッティングには最新の注意を払います。

上品なライニング

ライニングには、品のあるネイビーのペイズリーを採用。
とはいえ、紳士は上着を脱ぐことはほとんどありませんので、人に見せるものではありません。

自分だけの、ささやかな楽しみになります。

くるみボタン

袖には4つのくるみボタンを、襟と同素材のシルクを使用します。

まとめ

シンプルだからこそ、素材の良さやフィッティングの重要性が物を言います。

ブラックタキシード。

襟元をただしつつ紳士の余裕を。

このようなブラックタキシードが1着あれば、ブラックタイのパーティー、結婚式、国内はもちろん世界中どこへ行っても安心ですね。

タキシードで、特別な場や人を引き立て、気持ちを込めてみてはいかがでしょうか?

あわせて参考に

ボウタイの巻き方動画

あわせて読みたい

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

中之丸ライター:中之丸建築デザイナーの父を持ち、一度は大手企業へと入社。5年勤務ののち、心の声に従い上京し、ボットーネに入社。
人生で情熱を注げることは2つ、1つはサッカー、もう1つはスーツ。
何事もコツコツ、地道に基礎を固め着実に行う動作の安心感の高さはクライアントからの評価も高い。

2019年10月20日
結婚式の新郎衣装を制作したお客様事例 | タキシード

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly