あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

【大人の魅力溢れる】フォーマルなブラックタキシードが完成!

みなさん、こんにちわ。

クルーの林です。

今回は春先に国内のホテルウエディングにて挙式を挙げられるお客様のタキシードが完成いたしましたのでご紹介いたします。

 

フォーマルなブラックタキシード

今回ご紹介するのはこちらのブラックタキシードでございます。

まさに王道、クラシックなタキシードと呼べるのではないでしょうか。

ショールカラーの丸みを帯びた雰囲気が柔らかく、リラックスした印象でありながら、大人の魅力溢れるエレガントな一着です。

そして黒いタキシードは全体としても非常に引き締まって見えますね。

また、白いドレスを着た奥様を最も引き立たせる事ができるのはやはり黒のタキシードでございますので、隣に立てば、奥様を引き立たせる紳士になります。

シャツとポケットチーフは白。

それ以外、靴、蝶ネクタイ、スタッズボタン、カフス、サスペンダーは黒。白と黒のみで構成します。

パンツにはこのように側章というシルクのラインが入っています。

今でも、シャツ=下着という考え方があり、その下着であるシャツを見せるのは恥ずかしい、考えでした。

これと同じようにパンツの縫い目を見せるのも美しくない、という視点からこの側章が入ったと言われています。

今回、ご結婚式に向けてお仕立てをさせていただきましたが、挙式後にタキシード着用のドレスコードがあるパーティーも控えておりましたので、スーツにはリメイクせず、タキシードとしてそのままお召しいただきます。

このタキシードが一着あれば、お呼ばれした結婚式やパーティーはもちろん、オペラやカジノ、世界中どこにいっても自信を持って振る舞う事ができるのではないでしょうか。

お色直しをするとしたら、、、

もしこのフォーマルなブラックタキシードをお色直しするとしたら、奥様のカラードレスに合わせてこのように蝶ネクタイとポケットチーフの色味を変えてみるのはいかがでしょうか。

全身ブラックで引き締め、首元、胸元にワンポイントとして挿し色を持ってくるのはシンプルながら素敵なコーディネートだと思います。

蝶ネクタイの色味に合わせたポケットチーフ華やかさをプラスしてくれます。

燃えるような情熱の赤はアクセントにはピッタリですね。

奥様のカラードレスがブルーと仮定して、ブルーの蝶ネクタイ、ポケットチーフもブルーにチェンジしてみました。

首元、胸元が揃って色が変わるだけでガラッと雰囲気が変わります。

私個人的にはブラック×ブルーのこの合わせは非常に好みなコーディネートです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フォーマルなブラックタキシードはシンプルながら、最もエレガントで奥様を引き立たせる事のできる紳士の装いです。

合わせる小物も含めて、全身黒と白で構成しているので引き締まって見えるという点もメリットとして見逃せません。

また、お色直しをするポイントとしては、あまり色を多く取り込み過ぎないと良いでしょう。

コーディネートにどんどん色が増えてしまうと、まとまりがなく、ごちゃごちゃした印象になりがちですし、

加えるポイントが複数あれば同系色でまとめてあげると全体とのバランスも取れますのでお色直しを検討されている方は試してみてください

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

ライター:その他クルー

2019年12月24日
結婚式の新郎衣装を制作したお客様事例 | タキシード

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly