あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

リゾートにピッタリ!リネンタキシードが完成

リゾートにピッタリなリネンタキシードが完成いたしました。

今回リゾートにて挙式を挙げられるG様。

お色直し用にベージュの素材ともすごく相性がいい、デニムシャツもオーダーいただきました。

お写真を撮り忘れてしまいましたが、、、

こちらがG様と同じデニムシャツ。

こちらも非常にお似合いでございました!

イタリア製のリネン生地です。

すごく柔らかく、リネンのシワの具合が絶妙な雰囲気を作ってくれます。

リネンにもイタリア生地とイギリス生地の違いがありまして、

例えば、私が昨夏に誂えたホワイトのリネンパンツはスペンスブライソンというイギリスの生地で、非常に肉厚で目付も370g重いもの。

これはこれでずっしりとした印象で、カーキのタキシードを過去オーダーいただいたことがございました。

イタリア製の生地だと、軽くて色味もバラエティに富んでいます。

今回お仕立てさせていただきましたのはアリストンというところのリネンです。

とてもリネンらしい風合いで、目付は270gと汎用性にも優れています。

着込めば着込むほど、お体に馴染み、味が出てきます。

今後丈を短くしてカジュアルジャケットとしてお使いいただけます。

リネンのようなアイテムだと、それぞれ独立して着用することができますので非常に便利ですよね。

服において、リネンと言えば、気になるのが皺です。

本来の服であれば敬遠されるこの皺も、リネンの場合は味として捉えることができます。

蒸気を当ててあげればある程度シワを取ることができますが、リネンを着る時は、シワはできるもの!と割り切って着る方がいいとアドバイスさせていただきます。

丈の長いフロックコートをお仕立てさせていただきました。

衿はやや細めのピークドラペルにしてシャープな印象を持たせています。

お体に合わせてグッと絞りを加え、お客様のお好み長さで丈を設定しています。

リゾートでの雰囲気によりマッチさせるべく、パンツの丈は軽やかに、くるぶし丈にしています。

カジュアル度が高くなりますが、そもそもカジュアルなリネンの素材なのでここはあえて気にしていません!

皆様それぞれにウエディングの形がありますので、枠にとらわれすぎず柔軟なご提案をさせていただきます。

ありがとうございました。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

ライター:その他クルー

2020年1月10日
結婚式の新郎衣装を制作したお客様事例 | フロックコート

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly