あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

タキシードの仮縫い風景

本日は9月にタキシードをオーダーいただきました、 K 様の仮縫いのフィッティングをいたしました。

K 様からはブラックのフォーマルなタキシードをオーダーいただいております。

最初にフィッティングをさせていただいたのは9月前に遡ります。

当時からお痩せになられることを想定し、挙式当日までの期間も十分に確保できることから「仮縫いオプション」を追加いただきました。

K様は宣言通りしっかりとお痩せになられたようです。

ヒップ周り太もも周りに少しゆとりがございますね。

なんと、ヒップが実寸で4.0cm程小さくなっておりました、、、。

既製品なら普通にワンサイズ分小さくする必要があります。

余っている部分はしっかりカットして、お望みのピッタリフィットしたシルエットにしていきますよ。

続いてはベストのフィッティングです。

ご覧のようにまだ正式な裏地はつけておりません。

少々滑りが悪いためシワが出来ておりますが、着丈はぴったりですね。

ベストは着丈が実は非常に重要なポイントです。

身幅がいくらぴったりであっても、着丈が長すぎると脚が短く見えてしまいますし、逆に着丈が短すぎるとパンツの股上と合っていない場合はシャツが見えてしまいます。

これほどカッコ悪いことはありません。

もちろんオーダーメイドであれば心配ありませんが、仮縫いをすることでお客様自身でも仕上がりのイメージがしやすくなりますよ。

続いてはジャケットです。

K様はもともと綺麗なお体をされておりますので特別目立つようなシワなどは見受けられませんが、バストの吸い付き具合やウエストの絞り具合などは、K様と対話を重ねながら理想のシルエットへ近づけて参ります。

今回はお好みをふまえて、もう少しウエスト部分を絞っていきましょう。

肩周りのフィット感も申し分ございません。

アームホールはコンパクトに設計しておりますので、適度に細い二の腕のラインが形成されます。

アームホールがコンパクトであるということは、腕の動かしやすさにも直結してきますので重要なポイントなのです。

このあたりはボットーネの公式 YouTube でも解説しております。

K様のタキシードは、2月下旬のお渡しを予定しております。

早めにオーダーをいただくと仮縫いを入れじっくりと時間をかけてタキシードをお仕立てさせて頂きます。
より完成度の高い万全のタキシードで、大切な1日をお迎えください。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

中之丸ライター:中之丸建築デザイナーの父を持ち、一度は大手企業へと入社。5年勤務ののち、心の声に従い上京し、ボットーネに入社。
人生で情熱を注げることは2つ、1つはサッカー、もう1つはスーツ。
何事もコツコツ、地道に基礎を固め着実に行う動作の安心感の高さはクライアントからの評価も高い。

2020年1月14日
結婚式の新郎衣装を制作したお客様事例 | タキシード

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly