あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

お色直しコーディネート!タキシードと蝶ネクタイのオーダー

オーダーサロン ボットーネです。

実は、タキシードに合わせる”ボウタイ”(蝶ネクタイ)もオーダーできることをご存知でしたか!?

定番はシルクのボウタイですが、カジュアルなタキシードにはちょっと、、、と思いますよね。
かといってオーダーしたタキシードにぴったり合うボウタイを探すというのも、中々難易度が高いかと思います。

そんな時は、ベストの素材に合わせてボウタイもオーダーでお作りすることをお勧めします。

お色直しのコーディネートにも良いですよ。

下の写真は、現在リネンのスーリーピースをオーダーいただいておりますT様のボウタイです。
ウエディングスーツより一足早く仕上がってきました。

今回は海外ウエディングということで、ビーチに映える「麻」の素材に絞り、お打合せを重ねてきたT様。

最終的には、イタリア、カルネ社のリネン100%コレクションからお選びいただきました。

今回はジャケット・ベスト・スラックス、それぞれ色を変えた形でオーダー。
ベストに写真のようなエクリュカラーを使い、同素材でボウタイも作成しております。

フック式の扱いやすいタイプ、形はポインテッドです。
結び方を練習して、本格的な手結びタイプのボウタイも素敵ですよ。

実はその昔、ボウタイにはリネンの素材が使われておりました。
リネンはシワになりやすいのが特徴のひとつ、シワになるため一発勝負で結ばなければならず、それだけ思いを込めて結んでいたと言えます。

そんなタキシードに関する情報は、サロン内誌「BOTTONE JOURNAL」でもご覧いただけます。

タキシードに関することだけでなく、服飾についての様々な情報を掲載しております。
サロンで自由にお読みいただけますので、是非ご覧ください。

、、、少し脱線しましたが、ベストと共生地のボウタイは、コーディネートもしやすいですよ。

と言うわけで、タキシードだけでなく小物にもこだわってみませんか?

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

中之丸ライター:中之丸建築デザイナーの父を持ち、一度は大手企業へと入社。5年勤務ののち、心の声に従い上京し、ボットーネに入社。
人生で情熱を注げることは2つ、1つはサッカー、もう1つはスーツ。
何事もコツコツ、地道に基礎を固め着実に行う動作の安心感の高さはクライアントからの評価も高い。

2018年12月14日
シーン別 | お色直し

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly