あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
結婚式の新郎衣装を制作したお客様事例

ピークドラペルのタキシードをオーダー ハリコシのある英国生地でお仕立て

みなさん、こんにちは。

クルーの林です。

今回はI様よりオーダーいただきました、英国生地でお仕立てしたタキシードをご紹介いたします。

英国生地の魅力

今回お仕立てさせていただいたのは、ハリソンズオブエジンバラのコレクションであるリージェンシーというシリーズです。

カラーは落ち着きのあるネイビーをチョイス。

ハリソンズは英国生地の代名詞と言っても過言ではなく、タテ糸、ヨコ糸ともに双糸を使っており、英国生地らしいハリコシがあり堅牢な生地なんです。

つまり、非常に丈夫でたくましい生地ということになります。

ハリソンズは世界中のファンから愛されている、歴史あるブランドなのです。

スーツにリメイクした後は、秋から冬、春にかけての3シーズン着用出来る生地と捉えても良いかと思います。

詳しくはこちらの記事でご紹介しているので、合わせてご覧ください。

知的で誠実なネイビータキシード 

深みのある落ち着いたネイビーは知的で誠実な印象がありますね。

華美過ぎず光沢は抑えめな点も英国生地の特徴。

英国生地の中では軽めの生地になりますので、着心地も軽やかになります。

生地がしっかりしているのでピークドラペルのロール具合も抜群です。ここが立体的かどうかでまったく違う表情になります。

ピークドラペルのタキシードは、ショールカラーと比べてシャープな印象になり、男性らしい威厳も感じられます。

マネキンでは明るいトーンの蝶ネクタイを合わせて華やかにコーディネートいたしました。

手結びの蝶ネクタイならではのボリュームがエレガントさを感じさせます。

ご納品後に奥様との素敵な2ショットを撮らせていただきました。

I様、ありがとうございました。

お二人の思い出に残る素敵な1日になります事を心よりお祈りしております。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

ライター:その他クルー

2019年10月18日
結婚式の新郎衣装を制作したお客様事例 | タキシード

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly