あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

ガーデンウエディングに映える絶妙なブルータキシード

みなさん、こんにちは。

クルーの林です。 

今回はガーデンウエディングの雰囲気に合う、絶妙なブルータキシードが完成して参りましたのでご紹介いたします。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オーダータキシード(ボットーネ)(@bottone_omotesando)がシェアした投稿

絶妙なブルータキシード

こちらが今回ご紹介する、イタリア生地でお仕立てさせていただいたタキシード 。

イタリア生地は発色が良い事で知られていますが、この、しっかりと青さもありつつ、ややグレイッシュな発色は絶妙です。

光の当たり方によっても、より青く見えたり、よりグレイッシュに見えたり、微妙に表情が変わるので、いつ見ても楽しませてくれます。

印象を大きく左右する衿

衿の巾ひとつで印象が大きく変わってきます。

太ければ重厚で男性的な威厳が増しますし、細ければシュッとシャープに見えます。

しかし、それもお体に対して太過ぎれば全体的にのっぺりして見えてり、逆に細過ぎればお顔が大きく見えたりもします。

今回は細すぎず、太すぎない衿巾のピークドラペルでお仕立てさせていただきました。

ピークドラペルならではの男性的な威厳は保ちつつ、シャープな印象もありますね。

シャツはスッキリと見える比翼仕様になっています。

これは蝶ネクタイをした時にシャツのボタンが見えないエレガントな仕様なのです。

拝絹はネイビーに

基本的にはタキシードの衿、拝絹は黒になります。

今回はこの絶妙なグレイッシュなブルーに合わせて、衿にほんのり青さのあるネイビーの拝絹をあしらいました。

手結びタイプの蝶ネクタイはもう定番になりつつありますね。

ホック式の簡易的な蝶ネクタイと比べても、立体感やボリュームも出てエレガントに映ります。

自身で結べるようになるまでに何度か練習が必要ですが、決して難しくはありません。

結んでいる様も絵になりますし、気になる方は是非試してみてください。

腰ポケットも同じくネイビーの拝絹で形取った両玉仕様になっています。

あえて同系色のネイビーにする事でコントラストを抑え、この絶妙な青さに馴染んだモダンな印象になります。

共地のくるみボタン

袖のボタンも本来は黒のシルクで包んだくるみボタンを使うのですが、

ここもグレイッシュなブルーを活かすべく、ネイビーの拝絹でもなく、共地のくるみボタンにしています。

拝絹のくるみボタンは締まった雰囲気になりますが、共地のくるみボタンにはなんとも言えない可愛らしさがありますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

皆様それぞれの素敵なロケーションで迎える大切な結婚式。

奥様のドレスはもちろん、旦那様がお召しになるタキシードも納得のいく一着を着て臨みたいですよね。

ガーデンウエディングやリゾートウエディングでは、あまり形式に囚われず、カジュアルに、といったテーマをお持ちの方が多くいらっしゃいます。

落ち着いたネイビーや鮮やかなネイビーも素敵ですが、このような絶妙なブルーのタキシードもひと味違って素敵だと思います。

という事で、絶妙な色味のブルータキシードが自身の挙式にも合うかどうか、気になった方はお気軽にコンシェルジュにご相談くださいませ。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

ライター:その他クルー

2019年11月18日
結婚式の新郎衣装を制作したお客様事例 | タキシード

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly