オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

【世界共通!】タキシードのボタンは閉める?3分でわかるフォーマルのルール

オーダーサロン ボットーネがお届けする新郎タキシードタイムズ。

結婚式のタキシードを用意して、いざ挙式当日。
タキシードの前のボタンは開けて良いんだっけ?閉めるんだっけ?
普段のスーツでは前ボタンは留めないよ、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、タキシードの着こなしではとても大切なボタン。
タキシードのボタンを閉めるタイミングにもルールがあるのです。

基本編 タキシードの前ボタンは立っている時は閉める

タキシードのジャケットの前ボタンは、基本的には閉めます。

・立っている時は閉める

・座っている時は外す

これが国際ルールです。

なぜか?というと、タキシードに限りませんが、前のボタンを留めたままの状態で着席してしまうと、上着に無理がかかってしまうのです。

スーツやジャケットを着る時も一緒で、基本的には立っている時は前のボタンは留めるのが正式です。

日本のテレビだとニュースキャスターも、前ボタンを外さないで座っている姿を見かけます。
イギリスのBBCなどでは、座る時はきちんと前のボタンを外している姿を見かけるのですが、日本では意外と知られていないということなのです。

応用編!タキシードにベストを着ている時は前ボタンは外して良い

タキシードのジャケットの内側にベストを着た場合はどうでしょう?

実はこの場合は前のボタンは外しても良いのです。

なぜなのでしょう?

ベストというのは、もともとイギリスではウエストコートといいました。
コートと名前がついているわけですが、ベスト一枚でも成立する服なのです。
昔はウエストコートの上に、フロックコートを着て、その上にオーバーコート(冬のコート)を着るなど、コートにコートを重ねていきました。

そんなわけで、内側はきちんとボタンを留めているので、上着のボタンは外していてもOKなのです。

タキシードのベストの前ボタンは、座っている時は外す?

タキシードのベストに関しては、立っていても座っていても、基本的には外すことはありません。

イギリスの上流階級は昔から乗馬をする、という家が多いです。
これは、ちょっとしたスポーツでもありますが、姿勢が正しくなるという効果もありました。
良い家柄かどうか?を見極めるのに姿勢を見たらわかる、などと聞いたことがありますが、上流階級の家柄では子供の頃から姿勢正しく躾けられます。

そんな乗馬をしている時ですらベストの前ボタンを外すことなく着ていました。
良い姿勢できちんとフィットしているベストを着ると、ジャケットとは違って前ボタンを外さなくても後ろへ引っ張られる感覚はないのです。

タキシードは座る時にさっとボタンを外すのがエレガント

タキシードの前ボタンは、立っている時は基本的には閉めるのです。

ベストがある場合は閉めなくてもOKです。

立っている時に閉まっている前ボタンを、座る瞬間にすっと外す。
パンツのセンタークリースをそっと持ち上げて、ゆっくり座る。
これだけでもなんともエレガントに見えるものです。

海外の映画祭などでも、車に乗って移動している芸能人はタキシードの前ボタンを閉めないでいます。
そしてレッドカーペットの上に立つ瞬間などに、パッとタキシードのボタンを留めます。

事前に何度か慣れておくと、様になってみえて美しいですよ。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年4月24日
フォーマルアイテム | タキシード・フロックコート

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事