あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
結婚式の新郎衣装を制作したお客様事例

色気たっぷりのオーダータキシード イタリア生地の魅力!

タキシード、そして新郎タキシードだと皆さんが特に重要視されるのが「色味」「艶感」の2つです。

色味が同じ雰囲気であっても、艶の程度によって意外とタキシードの印象は変わってくるものです。

今回ご紹介させていただくタキシードは、その「色味」と「艶感」が特徴的なものとなります。

ネイビーは当サロンでも一番人気の色味です。

ですが、ネイビーと一言にはまとめられないほど、その振れ幅は大きくなります。

↑ミッドナイトブルーのように深い色味もあれば、

↑グレーが混ざったブルーグレーのような淡い雰囲気のカラーもあります。

様々な色が混ぜられることによって、私達を楽しませてくれるのです。

イタリア生地は、こうしたネイビーがたくさんあり、英国生地とは雰囲気の違う魅力がつまっています。

また、今回の生地はアリストンというナポリの商社のものですが、特に色味に関しては豊富に揃っております。

今回お仕立てさせていただきました生地は、ネイビーをベースに、グリーンやイエローを混ぜたような雰囲気のものです。

お写真では伝わりにくいでしょうか?

実際に見てみると、玉虫色のような感じもあります。

室内ではグリーンの色がきれいに出ており、まさに「色っぽいネイビー」と言った具合。

モヘア混の生地ということもあるますが、他の生地とはまるでオーラが違います。

そして、日中の日の光を浴びると、、、こんなにも鮮やかなブルーに。

これと同じとは思えませんよね。

私も毎回びっくりします。笑

イタリアの生地らしい色気のある雰囲気が、ウエディングのタキシードにも絶妙にマッチしています。

そしてこの色気は色味だけでなく、「艶感」がもたらしてくれるものでもあります。

モヘアというヤギ毛がもつ光沢というのが、ウールのそれとはちょっと雰囲気が違っているのですが、そのモヘアの艶がタキシードにぴったりなんです。

これも肉眼で見ると良く分かるのですが、、、。

ギラギラした華美な光沢とは違いますので、そこはご安心くださいね。

タキシードをビシッと着こなしたいけど

 ホワイトやシルバーのギラついた感じは苦手

 かといってブラックのフォーマルなタキシードだとちょっと重い

そんな悩みをお持ちの形にピッタリの素材です。

タキシードのままちょっとしたイベントで着続けるも良し、スーツにリメイクしておしゃれスーツとして着るも良し!

挙式も、その後も、あなたに自信を与えてくれる、そんな素敵なタキシードでした!

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

中之丸ライター:中之丸建築デザイナーの父を持ち、一度は大手企業へと入社。5年勤務ののち、心の声に従い上京し、ボットーネに入社。
人生で情熱を注げることは2つ、1つはサッカー、もう1つはスーツ。
何事もコツコツ、地道に基礎を固め着実に行う動作の安心感の高さはクライアントからの評価も高い。

2019年12月22日
結婚式タキシード タイムズ <新郎ルールブック> | 結婚式の新郎衣装を制作したお客様事例

おすすめ記事

  • オーダータキシード

新着記事

FEEDFeedly