あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

タキシードオーダー事例をご紹介

ダブルのショールカラー

 
ダブルのタキシードは、ピークドラペルではなく、ショールカラー。
 
当店では珍しいオーダーなのですが、オーダーいただいたS様にお召いただくとご覧の通りです!
 
あまりの美しさに、思わずお写真をお願いしてしまいました。
ダブルのタキシードはシングルと違って、体をしっかりと包み込む形になっています。
故に既製品ではフィッティングが難しいのです。
 
 
勿論オーダーであれば安心です。
身長も高く、うらやましいようなスタイルのA様にしっかりとフィットしております。
 
ダブルはよく「貫禄が出る」と言われますが、貫禄とともに洗練されたスマートさも感じる1着です。
 
手結びのボウタイも揃えられたそうで、準備は万端ですね!
素敵なオーダーを誠にありがとうございました。
 

英国風のフォーマルタキシード

続きましては、英国生地でフォーマルなブラックタキシードをお仕立てさせていただきましたI様。
1とがっているピークドラペルは英国起源でもあります。
スマートな印象をもたらすよう、やや細目に設計されたピークドラペルのタキシード。
 
タキシードの場合はU字型のカマー調ベストを選ばれる方も多いのですが、I様はピークドラペルの直線的な雰囲気に合うようにV字のベストをチョイスされました。
 
 
 
ベストの種類で、こんな風に雰囲気が変わってきます。
 
Vベストは、よりクラシカルな雰囲気が漂っておりますね。
穏やかなI様の雰囲気にもぴったりでございました。
 
挙式後は早速スーツへのリメイクにもお越しいただき、これからはスーツとしてご活躍いただけます!
 

ボットーネの定番 ネイビータキシード

静岡よりお越しのK様からは、青みのあるネイビータキシードをオーダーいただきました。
太陽のもとでは相見がしっかりと感じられ、室内ではまた違った落ち着きのある表情を見せてくれます。
 
ホワイトのドレスに、ネイビーのタキシードは間違いのない最高の組み合わせです!
細身のお身体にフィットしたタキシードは大変綺麗でございました。
 
 
素敵なお写真をいただきまして、本当にありがとうございました。
 

デニム風タキシードと花柄シャツ

A様には、デニム調のタキシードに、ポップな花柄のシャツをオーダーいただきました。
 
 
花柄のシャツはお色直し用にお選びいただきました。
「派手すぎるかな~」と心配されていたA様でしたが、Vゾーンから除く分にはこのくらいがベストでしたね!
 
カジュアルなウエディングの雰囲気にもピッタリではないでしょうか。
 
 
花柄のシャツも色々揃っておりますので、お色直しにお悩み方は是非参考にしてみてください。
 
 

シューズもオーダーメイド

ボットーネでは、タキシードとシャツ以外にもオーダーを承っているアイテムがあります。
 
それは、シューズです。
 
 
日本人は甲高、幅広なんて良く言われますが、実際にそのような悩みを抱えていらっしゃる方も多くいます。
私も甲高で、、、紐を結ぶと甲が極端に痛くなってしまうのです。
 
オーダーであれば、左右しっかりと足を採寸し、左右それぞれのフィッティングを行います。
左右で足の大きさが違う方も安心いただけますし、デザインも幅広く展開しておりますので、ウエディングの機会にオーダーいただくことも増えてきたのです。
 
 
私は右足だけ甲が高く、この問題はオーダー以外では解決するすべを知りません。
 
あからさまなものはできませんが、若干のヒールアップも可能ですので、ウエディングならではのお悩みもお気軽に申し付けください。
 
 
 
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

中之丸ライター:中之丸建築デザイナーの父を持ち、一度は大手企業へと入社。5年勤務ののち、心の声に従い上京し、ボットーネに入社。
人生で情熱を注げることは2つ、1つはサッカー、もう1つはスーツ。
何事もコツコツ、地道に基礎を固め着実に行う動作の安心感の高さはクライアントからの評価も高い。

2019年12月11日
結婚式タキシード タイムズ <新郎ルールブック> | タキシードの着こなし術

おすすめ記事

  • オーダータキシード

新着記事

FEEDFeedly