オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

工藤の生地メモ ZEGNAカシミアコート

最近入荷したコートバンチ、何度眺めても飽きません。

ZEGNAのカシミアのブラックが、入っておりました。
カシミアでも、こんなにしなやかで柔らかいものはそうそうお目にかかれません。

カシミアZEGNA黒01

  ずっと触っていたくなるこの柔らかさ。
  全部の毛が柔らかいというのは本当に希少。

  飛びでた毛がちくちくしたりなんてことはもちろんありません。

  ZEGNAさんの高い品質管理の賜物ですね。さすがです。

  ZEGNAさんはカシミアヤギの毛のなかでも
  特に柔らかい内側の産毛しか使わないんだそうです。

カシミアZEGNA黒02    

この表面の鱗のようなものは

 良いカシミアにしかでない特別なもの。

 

なによりZEGNAのカシミアのいいところって、丈夫さなんですよね。

カシミアコートって、その柔らかさ故に早々に肘が抜けてしまったりしてしまうので
着るときに本当に気を使う素材だったりします。

しかしZEGNAのカシミアは柔らかくしなやかではありながら打ち込みがしっかりしているので
肘が抜けにくいし、手入れをしっかりすれば5年10年持つとも言われていたりいなかったり。

毛芯仕立てでしっかりお手入れしてあげれば、もはや一生ものと言っても過言ではないですね。

高いものには理由がある。
素材はやはり大切ですね。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2015年12月4日 工藤のブログ