あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

タキシードに合わせるオーダーシャツ どんなシャツがふさわしい?

みなさん、こんにちわ。
ボットーネの林です。

ボットーネではご結婚式に向けて誂えたタキシードに合わせて、シャツもオーダーする事が出来ます。

今回は、タキシードに合わせるにはどんなシャツがふさわしいのか、についてお伝えいたします。

タキシードにはどんなシャツがふさわしい?

タキシードを着る場合のフォーマルなシャツというと、このようなウイングカラーという衿が良いとされています。

衿が立っていて先端だけ折れ曲がった独特な衿形をしています。

なかなか着たことがありませんよね?

このウイングカラーのシャツの中でも、大きく分けて2つの仕様がありますので、それぞれを解説していきます。

比翼

こちらは比翼と呼ばれる仕様のシャツ。

比翼仕様はコートなどにも採用されており、ボタンが面から見えない仕立てが施されています。

もともと、シャツは下着だ、という英国的な考え方があります。

下着というとあまり公に見せるものではないというイメージがあると思います。

現代ですとシャツ一枚で遊びに行く、ということは何の不思議もないかもしれませんが、19世紀の貴族は普段からきちんとした装いをしていて、まして下着を露出させるなんてエレガントでないし恥ずかしいこととされていました。
このような考えから、その下着であるシャツのボタンを見せるのは恥ずかしい、エレガントではない、という理由でボタンを隠した、見えない仕様になったとされています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オーダータキシード(ボットーネ)(@bottone_omotesando)がシェアした投稿

比翼仕様のシャツは非常にスッキリした印象に見えます。

ピンタック

こちらはピンタックという仕様のシャツ。

こちらも、シャツは下着だ、という考えから、
これは下着ではない別の物である!と徹底して下着を見せないようにして誕生したのが、このプリーツ。

これだけでも高貴な印象がありませんか?

一緒に来店される奥様に人気なのはこのピンタック仕様です。
胸にはスタッドボタンというオニキスなどの鉱石でできたボタンをつけると、一層格式の高い合わせとなります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オーダータキシード(ボットーネ)(@bottone_omotesando)がシェアした投稿

やはり、このプリーツがあるだけでとてもエレガントに見えますね。

ベストをカマー調にする際は、このピンタック仕様のシャツが最適な組み合わせです。
これがタキシードのシャツのプリーツの正体なのです。

スタッズボタン

ちなみにこの黒いボタンはオニキスという鉱石を使ったスタッドボタンと言う装飾品です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オーダータキシード(ボットーネ)(@bottone_omotesando)がシェアした投稿

元々はルビーやサファイヤなどの宝石をつけてボタンの代用をしていました。

上記の考えに基づいて、

下着であるシャツのボタンを見せるのは恥ずかしい、エレガントではない、これは下着のボタンではなく一種のアクセサリーなのです、という思いから身につけられたと言います。

現代ではルビーやサファイヤはつけないと思いますが、オニキスのスタッドボタンをつけるというのはそういうことなのです。

シャツもオーダーした方がいいの?

シャツはお身体に1番近く、非常に重要なアイテムです。

極端なことを言えば、タキシードがフィットしていても、シャツがフィットしていなければ、せっかくのタキシードをオーダーで誂えたのに、トータルでその良さが半減してしまいます。

 ・首に合わせると、腕の長さが合わない。

 ・アームバンドを必ずしている。

このような声をお客様から実際に良く聞きます。

身体を鍛えている方は、バストに合わせるとウエストがブカブカ、、、ということもあるのではないでしょうか?オーダーの場合、もちろんそのようなことはありません。

首周り、手首周り、バスト~ヒップ、腕の長さ、細部まで、しっかりと採寸・フィッティングを行い、あなたの為だけのオーダーシャツを作り上げます。

オーダーシャツの意外なメリット

フィット感は勿論のこと、意外なところにもオーダーシャツのメリットがあります。

それは、シャツは着ていく内に手首や襟の汚れが酷くなり、それ以外は綺麗なのに泣く泣く新しいシャツを買う、、、といった経験はありませんか?

オーダーの場合、襟や手首だけを部分的に交換することも可能なのです。

ウィングカラーのまま、結婚式に参列するなどの特別な日のシャツとして着るも良し。

挙式後にビジネスにも使える仕様に交換するも良し。

ご結婚式用のシャツを機に、その良さにリピートいただくことも多いのがオーダーシャツです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ボットーネではタキシードだけでなく、シャツも身体にフィットしたモノを長くお召しいただけるよう、様々なご提案をさせていただいております。

タキシードをお仕立てしたならば、一緒にシャツ誂え、全身オーダーメイドで結婚式に臨んでみてはいかがでしょうか。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

ライター:その他クルー

2019年11月2日
小物の着こなし | タキシードのシャツ

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly