オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
プロマネ日記
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

12月、師走。1月、引き続き師走。2月、もっと師走。

2015年12月20日 ブログ | プロマネ日記

12月も残すところ、あと2週間といったところですね。

サロンは年末年始に向けて、予約が慌ただしくなってまいりました。

年末年始は、皆さん、ご自宅でゆっくりされるのかと思いきや、
意外とご来店の多い時期なんです。

3月や4月がお式の方は、もう準備開始しなくては、なタイミングですね。

そんな中、生地屋さんや職人さんは、冬のお休みに入り、
日数でいうと通常よりどうしても時間がかかってしまいます。
しくしく…

ボットーネの師走は12月のみにあらず。
12月から始まる、数ヶ月レースのタイトルでございます。笑

進行管理をしている私、プロマネは、泣きながら完走を目指します。涙

皆さま、ご来店は是非お早めに(^^)

IMG_0716

トンボ

2015年12月10日 ブログ | プロマネ日記

本日は訳あって投稿2つの日。今日は生き物系で攻めようかと思います。

唐突ですが、トンボ、最近見た記憶はありますか?
私はここ数年、本当に見ません。

そもそも、祖父母のお家も東京だったので、ジブリのような世界で楽しんだ子供時代もなく、
同年代でもちゃんと自然と触れ合い育ってきた方からすると、あきれられるような経験値ではあります。

虫といえば、蟻と、ダンゴムシと、セミと、トンボくらいしか、あと蝶々か。あとハエもか。
そんなものです。

でも、そんなもの、からトンボが消えようとしている!一体何年間見ていないんだろう。

このままだと、虫のイメージが…。
歌に登場できるような虫がいなくなってしまうんじゃないかと懸念しています。

すでに十数年前にも、私は渋い赤茶色のトンボしか見たことはなく、
外出先で「(おそらく)コシアキトンボ」というトンボに遭遇した時には、
温暖化の影響で、赤道付近から、やばいトンボが日本に来始めたんじゃないかと本気で思いました。
毒の有無を想像して必死で逃げ回った記憶があります。だって縞ですよ?黒と白の。

でも今は赤茶色のもいない。涙

昭和の終わりに生まれた私ですらこんな状態なのだから、
平成27年生まれの、今ゼロ歳の赤ちゃんな方々、赤いとんぼすら実物を見ることなく一生を終えるのでは…と。
積極的に、トンボを見たい、もしくは見てほしい!という気持ちがあるわけではありませんが、、

そのうちWikipediaで、
「虫とは蟻のこと。○○年ほど前には、主に水中以外の節足動物を指し、約○○種類程存在したと言われているが、
今日では、ほぼ蟻と同義である。」…なんてなっていたら、どうしよう~。

色んなのがいるから楽しいのに、何だか寂しい。

かといって、蜂とかが日常的に飛び回る表参道になっても、、毎朝パニックですけどね。

…どうしたら良いんでしょう。
虫は苦手なので、別に良いんですけど、ただ存在していたものがなくなるのってやっぱり哀しいです。

各生物が、どんなに好き勝手に生きても、お互いの存続に全く問題ないです、って世界だったらよいのに。
もとから。そういう風にしておいてくれたら良いのに。ねえ、神さま。笑

…神さまに責任転嫁をしたところで、お仕事に戻ろうかと思います。

そして、次の記事では少し、仕事の内容にしようと思いました。
コンシェルジュ達のブログに比べて、仕事に触れてなさすぎる。笑
本日の気づき。!

間引き

2015年12月10日 ブログ | プロマネ日記

つい先日まで、いただいた鉢植えのお花が家にありました。

室内用で、水やりも簡単、複数ある蕾がどんどん咲いていって楽しい!
普段家で植物を育てたりしない私ですが、何だ簡単じゃん、と調子に乗ること数日。

でもしばらくすると、どうしても元気になってくれない葉っぱが出てきてしまいました。
水もあげているし、そもそも室内用だから日光も関係ないだろうし、なんで?
このままだと、どんどん枯れていってしまう。涙

…悩み悩んで、詳しそうな母親へ電話。

「当たり前でしょ。間引くのよ。とっちゃいなさい。」

…と、とっちゃうって、お母さん。むしってしまえ、ということ!?

「生命力が強いのと弱いのがあって、弱いのはとらないと栄養分が云々…」

…ん、つまり、もともと生命力が弱いやつは、今世は誠に残念ですが…ってこと?
オーマイガー。植物、全然優しくない。

やはり自然界は弱肉強食。。。とおののきました。笑 植物を育てる上では常識のようですが。

心の中で謝りながら、可愛そうな弱い葉っぱ達をとりました。

助ける側もいる、腐ったダメダメな感じすら活かせる場所もある(アートとか?)
そんな人間の中に生まれてよかった~。まだ間引かれてなーい。

そういえば、「キングスマン」という映画、ご存じですか?

主役の仕事、一応テーラーが表の顔、という設定で、なんとサロンに試写会のお知らせが届きました。
私はその日は行けませんでしたが、後日気になって見に行きました。笑

ざっくり言うと、人間を間引くんだ俺は、っていう悪役の話。

本当に体内にICチップを埋めた実験も、海外では(日本も?)現実にやられているようですので、
全くのありえない話ではないところが恐ろしいですが…

自然界とは違う、厳しくない世界を切望するゆとり世代でした。

夢みたいな、、、

2015年12月6日 ブログ | プロマネ日記

いつからか、オフィスにはJ-WAVEがかかっています。

初めて社会人になった時も、なぜだか上司が私物のラジカセを持ってきていて、
私のいた部署だけラジオが許されていました。笑
ラジオ運が良いです。幸せです。神さま、ありがとうございます。

最近流れませんが、マイベストジョブのあったらいいな編というCMがちょっと好きでした。

「あったらいいな…伊豆の旅館で踊り子になるバイト…猫の吾輩を世話するバイト…」

などなど、あったらいいなトークで夢をみさせてくれます。

お気に入りは、「銀河鉄道でお弁当を売るバイト」

きっと、目くばせと無言のジェスチャーのみで販売するんじゃなかろうか。
はい、やれそうです!静かに沢山売ります!

ところで、気づけば師走に突入し、表参道ヒルズ前はすっかりこんな景色ですが、
通り沿いの木々にライトを巻き付ける作業、皆さん、目撃したことはありますか?

私は去年その現場に出くわして、とても感動しました。
今年も見たかったのに、気づいたら飾りつけ終わっていました。全部ライトつけ終わってた。涙

昼間の作業もあるのだと思いますが、夜、背の高い梯子で、
ロープを、ライトが点灯した状態で巻き付けていくのが最高なんです。

木は真っ暗な空に溶け込んで、列になったライトが宙に浮かんで、巻き付けられるのを並んで待っているように見えます。
作業員の方々含め、絵本の1ページみたいになります。

う~ん、何とも私の言葉では伝えきれない感じが非常に残念ですが、
まだ見たことのない方は、1年後の楽しみにしてはいかがでしょう。

…忘れなければ。笑

20151206

代表 その1

2015年12月3日 ブログ | プロマネ日記

土日が接客メインのコンシェルジュは、現在、水曜・木曜が
定休日ですが、事務職は他社とのやり取りの都合上、お休みがズレています。

つまりサロンには定休日がありますが、
株式会社ボットーネは月曜日から日曜日まで年中無休(…に近い)ということですね。

なので、ブログでお馴染みの弊社代表、松ですが、
いわゆる社長さんのイメージを裏切らず、
お休みとか睡眠とは無縁の生活を送っている(ように思われる)のです。

一応、松の休日も水・木ということになってはいるのですが、
今朝も10時から私と電話朝礼。
そうすると、背後からはお子さんの可愛い声で「○○して」「△△して」と、
お父さんに遊んでもらおうとする必死な声が聞こえてくるんですね。
そして、それを制する代表。笑

よし、今日の朝礼は3秒で終わらせるぞ。という密かな覚悟を胸に、
私は出来る限りの早口で業務連絡をスタートさせます。笑
しかし、日によっては、その後も何だかんだと、終日電話でのやり取りが続くのです。

通話中にパンチを受け(?)途切れる音、
体をよじ登る息子をかいくぐり、隙を突いて口元に携帯をあて直し、
その微妙に潰れた体勢のまま、何事もないかのように電話をかけてこられるので、
私も大変真面目なテンションで納期の状況報告などしてみます。

見えませんが、電話口から、そんなコントのような状況を連想させる、
アクロバティックな音が聞こえる時、入社直後に教えていただいた、
3つのワークスタイルの話をふと思い出しました。

ライスワーク/食べるために働く
ライクワーク/仕事が好きで働く
ライフワーク/使命と感じて働く

実際にどういう感覚でお仕事をされているのかは、聞いたことがありませんが…

いや、そもそもワークスタイル、というよりプライベートの一部に近いのかも、と思うのでした。

それにしても、電話コント、面白い。笑

コーヒー

2015年11月29日 ブログ | プロマネ日記

温かい飲み物が恋しい季節になってきましたね。

先日、友人とお手軽ラテアート体験に行ってきた私は、
ミルクとエスプレッソさえプロが用意してくれれば、
ハートがつくれます!(どや。)笑

…ということで今日はラテアートに関するお話を。

表参道駅にDEAN&DELUCAがあるのですが、
そちらで時々カフェラテをテイクアウトします。

ぼーっとしながら飲み物が出てくるのを待っているのですが、
そこに私の癒されイベントが…

なんと、、、
テイクアウト用カップでもラテアートしてくれているんです~

カウンター内で、注ぎ終わってすぐに蓋は閉められるので、
お客さんに渡す段階では可愛い模様は見えないんですよ。

せっかく綺麗な模様を作ってくれているのだから、
もっと、蓋を閉めるまで、ためて、ためて、やってるよアピールしてくれたら、
私なりの全力スマイルで嬉しさを表現するのに!と思うのですが。。。笑
見えない部分まで丁寧に作ってくれている店員さんが眩しかった。

コンシェルジュと違い、お客様と直接接する機会がほとんどない私ですが、
仕事に限らず、日常のどんな事にも相手がいることを意識して、
心を込めて丁寧に取り組むと、幸せな気持ちになりますよね。

20151129