オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
タキシード
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • オーダータキシード生地
  • タキシード タイムズ
  • コンシェルジュのブログ
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • カラードレス オーダー
  • オーダー完成日

タキシード

新郎タキシード 

新郎オーダータキシード
ショールカラー ブラックタキシード
新郎タキシード ショールカラーb
ショールカラー 新郎タキシード

タキシード

結婚式の新郎というと、タキシードというイメージがありますが、
実は正確にはタキシードは夕暮れ以降(18時以降)の服装です。
なぜかというと、もともとは午前や日中にフロックコートやモーニングコートで散歩をし、
日没のパーティーは着替える、という文化があり、燕尾服・タキシードなどは夜着替えて着用する服という概念から、ドレスコードが定まっています。

また、正式なタキシードはブラックのショート丈。ですが、古来ヨーロッパでは、薄暗い照明の元、黒よりも黒っぽく見える色として、ミッドナイトブルーなどの色が用いられました。

[特徴]
ショート丈なので普段スーツとさほどかわらないシルエットを実現。

ボウタイ、ジレ(ベスト)またはカマーバンドなどでコーディネイトします。

《合わせる小物》
白ポケットチーフ、ジレ(ベスト)かカマーバンド、オニキスのカフリンクス、できればスタッドボタン、ウイングカラーシャツはできればピンタック付き、エナメルシューズ

その他 素材や色で遊んだタキシード例

7Q6A9661
image軽やかな素材感で、やや遊んだタキシード。
カジュアル感を取り入れた、リゾートでの挙式などに、オリジナリティを望む場合にご提案した事例です。

ショールカラータキシード
オーダータキシード ライトグレー

本来はブラックタキシードやミッドナイトブルー、ネイビーのタキシードですが、
クライアントのご要望からライトグレーの生地で誂えた、
黒いシルクの襟が特徴的なオーダータキシード。
ショールカラーは細めに、
ウエストのポケットやボタンも黒のシルクで制作。

グレータキシード
タキシードのパンツの側章と呼ばれる黒のシルクラインは敢えて入れず、
すっきり細身に仕上げています。
ポインテッドボウタイはさり気なくチェックに。
ブラックボウタイも素敵です。

ブルーオーダータキシード
ブルーネイビー オーダータキシード

ネイビーブルーのタキシードの襟は、ブラックシルクで引き締め、
カマー調のジレでクラシカルにコーディネート。
ボウタイはうっすらストライプ。

  • オーダータキシードの流れ
  • オーダータキシード(新郎)
  • タキシード オーダー様の声