オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • オーダースーツの生地
  • コンシェルジュのブログ
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

タキシード

ショールカラー ブラックフォーマルのオーダータキシード

ピークドラペルタキシードタキシードは、夕暮れ以降、夜(18:00以降)の礼装です。

日本では、日本フォーマル協会の定めるところ、燕尾服に次ぐ礼装となっており、欧州では燕尾服と同格の正装と位置しているパーティも少なくありません。

基本的には黒と白のみで構成されます。

タキシードの着こなし

タキシードの靴 オペラパンプルタキシードの着こなしは、本来は全て決まっています。

靴はエナメルのオペラパンプス、カフリンクスは黒のオニキス、立ち襟のウイングカラーシャツに、カマーバンドかベストを合わせます。

こうした小物が決まっている背景には、例えばダンスをする際にドレスの裾に靴墨をつけぬように、といった紳士の配慮が見え隠れする、非常に奥深い世界です。

タキシードを着こなす上ではベルトはせず、サスペンダーを付け、黒いボウタイを身に着けます。

オーダータキシードの色々なデザイン

ショールカラーの優美なオーダータキシードタキシードを着用する立ち位置は、夕刻以降、または日中から夕刻を経て夜に差し掛かるパーティや、夜の式典、表彰式や授賞式、オペラ鑑賞など様々です。

フォーマル度も高く、結婚式に列席する場合に着用することで、相手への敬意や祝福の気持ちを示すことができます。

また結婚式に参列する場合、ブライズメイドとアッシャー という、新郎と同じ服装を着たスタイルも日本で主流になりつつあります。

漆黒のショールカラータキシードは、伝統を纏う
結婚式タキシード
王道のピークドラペルタキシードは、燕尾服から派生した、クラシックな王侯の装い。
新郎タキシードのポケットチーフ

 

オーダータキシード(上下)
118,000円~