あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

【ビフォーアフター!】タキシードからスーツへリメイク!

みなさん、こんにちは。

クルーの林です。

ボットーネでは、お仕立てをさせていただいたタキシードを挙式後にスーツへリメイクする事が出来ます。

そこで今回は、タキシードからスーツにリメイクをするとどのように生まれ変わるのか、

ビフオーアフターを交えてご紹介させていただきます。

ご結婚式で着用のタキシード

まずはビフオー、タキシードでございます。

こちらはイタリアの生地でお仕立てさせていただきました。

イタリアらしい発色の良さ、華やかな光沢が存分に味わえる一着と言っても過言ではありません。

衿は太過ぎず、細過ぎないピークドラペル。

太ければクラシカルで男性的な威厳が増し、細ければシャープでモダンな印象になります。

ボタンは衿のシルクで包んだくるみボタン。

フォーマルなシーン、ことタキシードにおいてはスーツ用のボタンではなく、このように仕様のボタンになります。

腰ポケットもフラップのない両玉仕様にしております。

スーツやジャケットのポケットには雨蓋と呼ばれるフラップがついていますが、これは雨や埃が入るのを防ぐ役割がありますので、本来は室内着であるタキシードには備わっていません。

背仕様はノーベントです。お尻を包み込み、クラシカルでエレガントに見えます。

通常のスーツやジャケットには背に切れ目が入っているものが多く見られますが、タキシードの場合はこのように切れ込みがない仕様なのです。

お客様のお体に合わせてお仕立てをしておりますので、このマネキンのボディでは良さが出しきれていません、、、。

リメイクをして生まれ変わったスーツ

そしてこちらがアフター。

タキシードからリメイクをしたスーツでございます。

衿はピークドラペルからノッチドラペルになっています。

このスーツにリメイクをした際の衿巾についても、太く、細く、如何様にもできます。

今後はフォーマルスーツとしてお召しになる、という事であればボタンは共地のくるみボタンにしても良いかと思いますが、今回は特別な日だけでなく仕事の大事な場面での着用も想定しておりますので、ボタンはフォーマルなくるみボタンから黒の水牛のボタンにチェンジ。

良い生地、良い仕立てございますので、ボタンも天然物の良いモノをセレクトいたしました。

黒の水牛のボタンはベーシックで使いやすく、定番ですね。こういったネイビーのスーツにはブラウンのボタンを合わせても素敵です。

腰ポケットは両玉仕様からフラップのついた雨蓋仕様になっています。

例えば、ポケットの角度を水平から斜めにしたり、チェンジポケットをつけることも可能です。

今回、背仕様はセンターベントにしております。

こちらもノーベント、センターベント、サイドベンツ、お好みに合わせて決める事ができます。

総じてデザインは奇をてらわず、まさにベーシックそのものという一着にリメイクをさせてただきました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ご結婚式で着用した思い出の詰まったタキシードをこのようにスーツにリメイクする事で、特別な日の一着、商談時の勝負服として、様々な用途に合わせて生まれ変わります。

リメイクするも良し、タキシードのまま残しておくも良し。

挙式後は、いつまでにリメイクをする、という期間は特に設けておりません。

タキシードのまましばらく着用して楽しみ、そろそろかな、というタイミングでスーツにリメイクする事も可能ですので、気になった方はコンシェルジェまでお気軽にご相談ください。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

ライター:その他クルー

2019年12月17日
タキシードの着こなし術 | タキシードからスーツにリメイク

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly