あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ

タキシードの持ち運び方法

みなさんこんにちは。ボットーネの林です。

準備というのは何事も入念に、抜かりなく、が良いですよね。

大切な結婚式に向けた準備にも何か抜けがあってはいけません。

例えば、タキシードをどうやって式場に持っていくのがいいんだろう?

シワにならないようにするにはどうしたらいいんだろう?

と、不安に思われる方もいらっしゃるかと思います。

今回はそんな事態に陥らない為に、

「タキシードの持ち運び方法」

についてお伝えします。

この記事の目次

 

ガーメントケースに入れて、手持ちが安心

大切な結婚式で着るご衣装ですから、手持ちで持ち運ぶのが最も安全です。

少し大袈裟に聞こえますが、自身の手から離れるのはリスクだと思ってもいいかもしれません。

ガーメントケースと呼ばれる、スーツなどを持ち運ぶ際に収納できるバッグを使いましょう。

おそらくタキシードをご用意されたら一緒についてくるはずです。

ボットーネでは丈の長いコートにも対応できるガーメントケースをご用意しています。

発送をする場合

発送をする場合は、なるべく大きめの段ボールに緩衝材と一緒に入れると良いでしょう。

特に衿のシルクなどのデリケートな部分には入念に緩衝材を用いて出来るだけシワにならない工夫をされると良いかと思います。式場にもよるとは思いますが、食材や引出物など、様々な荷物が届くようです。


窓口もたくさんあることが多く、式場名だけでなく担当窓口や誰宛てに発送すれば良いか、確認しておくといいですね。

実はタキシードの発送はあまりオススメできない

結婚式場に衣装を発送される方もいらっしゃいますが、実はあまりオススメできません、、、。

と言うのも、やはり自身の管理下から離れてしまっては、何かが起きても取り返しがつきませんよね。

予定していた日時に到着しなかったり、運送の途中、何かが刺さって穴が開いてしまう、なんて事もあり得ない話ではありません。

飛行機に乗る場合

飛行機に乗る際もやはり手持ちが安心です。前述のガーメントケースに収納して機内持ち込みをされるのが良いかと思います。一度預けてしまうと、その後どういう扱われ方をされるか分からないのが怖いポイント、、、

何かに挟まれたり、押し潰されたりしてシワになっしてしまう可能性がありますし、ロストバゲージに見舞われてしまう事もあります。

ロストバゲージとは、預けた荷物を紛失する事、紛失した荷物の事を指し、目的地に到着後、ターンテーブルに出てこず、なくなってしまうという最悪のケース。

ロストバゲージは国際便で起こるケースが多いので、海外で挙式を挙げられる方は特に気をつけてくださいね。

これを防ぐ為にも手持ちで機内持ち込みをされるのが良いでしょう。

もしシワになってしまったら、、、

もしタキシードにシワがついてしまっても基本的にはスチーム(蒸気)を当てれば、綺麗になります。

衿にシルクがはっているタキシードにスチームを当てる場合は、シルク部分は繊細で水にあまり強くないので気をつけて蒸気を当てるようにするといいでしょう。

スチームが用意できない時は、入浴後のお風呂に吊るしておく方法も効果があります。

上質なウールであれば、霧吹きで水を吹きかけるだけでもシワが復元するので、是非覚えておいてくださいね。

まとめ

タキシードを持ち運びの際はガーメントケースに収納して、ご自身で管理されるのが1番安心、安全です。

もしシワになってしまっても蒸気を当ててあげれば綺麗になるので慌てずに対処してみてください。

発送の際は緩衝材を用いてなるべく丁寧に包みましょう。

大切な結婚式ですから、最後の最後で台無しになってしまうのは本当に心が痛いので、避けられるリスクは避けるといいですね。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう
    FACEBOOK

ライター:その他クルー

2019年9月20日
シーン別 | 式場・ホテルの披露宴

おすすめ記事

  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

FEEDFeedly