オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ アクセス
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

オススメの盛夏用スーツ生地です!

ついこの間まで、冬だった気がする東京。

気がついたら桜も散ってしまい、

本日は最高気温22℃と、ジャケットを脱ぎたくなるような

そんな暖かい一日で過ごす表参道サロン。

ご来店のお客様も、

「暑いね〜」とハンカチで額の汗を拭っておりました。


夏用スーツのご準備はできてますか?


このぐらいの時期になると

服屋としては、春用よりも夏用のスーツをどうしようか?

と考えているものです。

もはや、秋冬どうしよう?と考えている方もいるかもしれませんね。


春夏用生地、たくさんあります


生地の状況ですが、

今は春夏用の生地がたくさんあります。

生地というのは非常に流動性が高いので、

昨日あった生地が明日はもうない、といったことも少なくありません。

特に、人気の柄・色となるとすでにもう無いものも、、、

2月に入ってきたのに、、、


わたしが選んだ生地、1選!


今回、冨岡は盛夏用の生地で一着仕立てようと考え、

いろいろと吟味してみました。

その結果、

H&S SNOWY RIVER LIGHTWEIGHT(ホーランドシェリー スノウィーリバー ライトウェイト)

で仕立てることに!

夏用生地なのにスノー(雪)というワードが入っている

それだけで私はわくわくするわけですが、、、笑

この生地の特徴は、

梳毛のスーパー120ではありますが、

平織りハイツイスト(強撚糸)で非常に丈夫で皺になりにくいです!

私が選んだのは225g/mの生地なので軽やかにサラっと着られるかなと、

今から出来上がりを楽しみにしています。

という事で、新年度が始まったばかりですが、

夏を意識した1着、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

明日もサロンでお待ちしております。

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

トミオカサトルトミオカサトル 記事一覧はこちら>>

2018年4月2日
冨岡

おすすめ記事