オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネのスーツ・ジャケットスタイル365ブログ
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ

新着記事

私もこうなりたい 嶋田修行記1

ナチュラルクリーン

先日、ご挨拶と研修を受けにナチュラルクリーンへ代表と二人で伺わせて頂きました。

ナチュラル

前回ご挨拶をさせて頂いた際にいただいたご指摘を真摯に受け止め、反省し、

仕事の対する姿勢や、心の持ち方、礼儀

自分自身に不足しているたくさんの事をすべて吸するつもりで、今回の研修に望みました。

空手の早朝稽古

早朝3時からはじまる稽古。

ストレッチからはじまり、少しずつ身体に負荷がかかっている事を感じながら、

次々と進んでいく稽古に精一杯くらいついていきました。

周りのペースについていきたいと思う気持ちと反対に、普段運動不足の身体はまったく

ついていくことができず、気がつくと全身から汗が吹きだし、かけていた眼鏡が曇ってしまうほど、

身体が火照っていました。

礼にはじまり、礼に終わる空手、そしてその礼儀作法はみて、体験して、本当に気持ちがいいものでした。

稽古を終え、着替えてから全員で床掃除。

一生懸命雑巾をかけ、端から端まで床を拭き続けるも、いっこうに黒くならない雑巾。

表参道のサロンで同じ事をしたらどうなるだろうか、と冷や汗をかいてしまいました。

見直しが必要です。

ナチュラル

そうじを終え、仏壇にあつまり、お経がはじまる。

コラムを聞き、中田代表からお話をいただき、自身の考えの甘さや、弱さを

あらためて意識します。

人間はもともと弱い人間なのだ、と根底の部分を知らず知らずに忘れていってしまう

事、身の回りの出来事に対して、俯瞰して考え、行動すること。

真摯に今の自分自身を受け止め、あらためなければいけません。

お経が終わり、全員で朝食をとる。

カレー

こんなにしっかりと朝ご飯を食べたのはいつぶりでしょうか。

基本的に朝食は食べない、もしくは珈琲にクッキーなどつまむだけ

といったような習慣をとっていましたが、つくっていただいたカレーや

お味噌汁をぺろりと完食している自分に驚きつつ、頂いた朝食は人生で一番美味しく感じました。

食後、及川さんや鈴木さんにマンツーマンでついていただき、スラックス、ジャケット、

シャツとプレスについて教えて頂きました。

プレス研修

物をみただけで、着ている人の癖や特徴、縮みや、汚れなどを一瞬で見抜く

プロフェッショナルにただただ驚くばかりでしたが、同時にいつか私もこうなりたい。

お客様のことをもっと知りたい。喜んで頂きたい。と強く思いました。

ナチュラル

あっという間に研修が終わり、時計を見ると時刻は16時15分。

昨日のこの時間にここまでの充実感を感じながら行動できただろうか、

意識を強く持ちながら仕事をこなせていただろうか。

振り替えると日々の行動や考えの甘さを随所で体感させられました

嶋田さん、と合間合間に声をかけてくださるナチュラルクリーンの皆様の優しさや

温かさ、こうしてご縁がつながれた事に感謝の気持ちしかありません。

これからは毎日修行。

足りない部分は経験で補うしかありませんし、なにより経験がないまま、洋服を

語ることはできません。

たくさんの先輩方、師匠の皆様に精一杯ついていき、日々の努力を積み重ね、

高めていきたいと思います。

嶋田

修行期の全てはこちら。

工房の床を水拭き

テーラーのプレス修行 ナチュラルクリーン クリーニング工房 

先日テーラー修行の旅という記事で書いたとおり、
今日、ボットーネの新人クルー、嶋田がこのウォータークリーン ナチュラルクリーンの門をくぐる。
時刻は・・・

ナチュラルクリーンの中田代表が書いてくださっていた記事はこちら。

クリーニング工房ボスの日々是笑日 「修行」2/7(火)

 
これから嶋田くんは会社の経費を使ってここに来るのではなく、小まめに休みを取っては実費でプレス技術や躾を通して「心技体」を学びに来たらいいです。
それが筋だし、自らが主体的に飛び込んでこないと決して身にはならないですからね。

http://www.naturalclean.co.jp/blog6/blog.cgi?year=2017&month=2&day=7

  • ナチュラルクリーン プレス研修6
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

その他クルー 記事一覧はこちら>>

2017年2月9日
嶋田

おすすめ記事