ボットーネ > 紳士の知識
紳士の知識

タキシードの側章の由来とは?

タキシードの側章の由来とは?

側章の由来についてです。
フォーマルなタキシードのパンツには写真のようにラインが入ります。

1本であったり、2本であったり。
このラインを側章(そくしょう、またはがわしょう)と呼びます。
タキシード、燕尾服(テールコート)などのフォーマルパンツに入るこの飾りですが、一体誰が何のために入れたのでしょう?

側章が誕生したのは18世紀末から19世紀頃に生まれたと言われています。
その当時勢力を誇っていたナポレオンの軍。
前回のスーツの袖ボタンの由来にも続いてナポレオンが関係しています。


ナポレオン軍の強さの秘密は、例えばその戦闘隊形であったり、戦略であったり。
軍には歩兵部隊から、移動攻撃に適した騎兵部隊、また砲兵部隊など様々な部隊を配置していました。
部隊を広範囲に分散配置して、敵の攻撃目標を惑わせる、 歩兵による攻撃と騎兵の突撃を合わせ、さらに砲兵の集中射撃! といった合わせ技で敵に対して衝撃を与えるなど、非常に緻密な作戦を立てていたようです。

こうした中、その兵の種類分けのために軍服に側章が採用されたことが起源と言われています。


制服に憧れを抱く少年、少女は多いと思います。
私も警察官やJR(当時は国鉄でした)の制服に憧れがありました。
それはやはりいつの時代でも、潜在意識の部分で感じているその服を着るものの象徴、権威のようなものに対する憧れではないでしょうか?

スーツやタキシードの起源にも、軍服が大きく関わっているというわけです。

⇒前の記事は『タキシードの拝絹の由来とは? 』です。

⇒次の記事は『スーツの着こなし 袖の長さ』 です。



着こなしブログ「スーツ着こなしの知識」もご覧ください。


オーダースーツを着たお客様の声
オーダーメイドスーツ 生地とプライス 有名ブランドから知られざる名門まで、幅広いラインアップ。
オーダーメイドスーツコンシェルジュご紹介 作り手との対話から生み出される理想の洋服

Bottone オーダーメイドスーツ ボットーネ お問い合わせ  電話番号 03-6447-1748 お問い合わせフォーム
株式会社ボットーネ | 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-19-8 アロープラザ121