オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

パターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダー、ビスポーク、それぞれの違いは?

パターンオーダー

洋服のパターン(型紙)を、あらかじめ作っておいて、サイズ展開をし、そこから補正を入れて調整するオーダー。

メリット

最初から美しいシルエットのパターンを、細部を体に合わせながらバランスを取るため、美しいシルエットになりやすい

パターンの製作コストがかからないため、フルオーダーに比べて安価

デメリット

極端に難しい体型をしている場合、完璧に体に合わせることはできない

もともとあるパターンを必要以上に動かすと、バランスを崩し美しくない場合がある

パターンとして用意していない服は製作できない

パターンオーダーにも色々ある

パターンオーダーとはパターンが起こされているだけで、パターンオーダーでも縫う工房や人が変わると着心地やクオリティが変わります。

パターンオーダーであっても価格がピンキリなのはこのためです。

パターンオーダーは美しいパターンを使用することで美しい服に体を合わせることが前提ですが、

そもそものパターンが美しくない場合や、自分に合わないパターンの場合は美しくなりません。

フィッターとコミュニケーションをとって、じっくり話し合って自分に合ったお店やパターンを見つけることが大切です。

イージーオーダー

イージーオーダーは、実際にはパターンオーダーと同義といって過言ではありません。

あらかじめ起こしたパターンを使用します。

1寸法

マシン

パターン縦方向

パーソナルオーダー、

フルオーダー

フルオーダーは、究極は一人の人間が採寸し、パターンを起こし、カットし、仮縫いし、縫うオーダー、丸縫いといい、もともとはこれこそがオーダーメイドでした。

しかしこの方法では時間とコストがかかり、一ヶ月で2着がやっと。現在この方法を行っているオーダー職人は数えるほど。

そのためイタリアのサルトでも分業が進んでおり、パターンと縫製を別の人間が手がけることもあります。

しかし果たしてそれがフルオーダーかとどうかといえば、曖昧といえます

パターンオーダーとの違いは、都度パターンを起こすかどうか、という概念といえますが、

パターンを起こして、パターンオーダーと同じ工房で縫うことをフルオーダーといえるのか?などテーラーの解釈がそれぞれです。

メリット

屈折した体型もカバーできる、自在な補正

作り手が作ろうと思えば、どのようなデザインもできる

デメリット

体に合わせるため、体型の欠点が出てしまう可能性がある

作り手の感性の差が如実にあわられる

コミュニケーション次第で、完成品にしっくりくるかどうかは打ち合わせ次第

時間がかかる

コストが高い

ビスポーク

ビスポークは、よくフルオーダーのように思われがちですが、本来の意味は、Be Spoke。

つまりコミュニケーションを取りながら、二人三脚で服を作るといった意味合いからきており、フルオーダーに限らず、イージーオーダー、パターンオーダーであってもビスポークの定義に当てはまる。

日本ではビスポーク=フルオーダーのように捉えられる節があります。