オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

コート素材 キャメル・ヘアー

2016年10月9日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Cloth

 キャメル
 
キャメルはラクダ化の動物で、フタコブラクダから採る毛は、ソフトで美しい。
ラクダをイメージするとわかるのだが、写真のように原毛はいわゆるキャメル・カラーだ。
だから、漂白ができず、染色することなくそのまま使われるようだ。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%80%80%e3%83%98%e3%82%a2%e3%83%bc%ef%bc%93

丸みのあるピークドラペル、フレームドパッチ・ポケットという特徴的なコートといえば、ポロ・コートがあるが、
ポロ・競技者に好んで着られ、観戦者に広がり、後にアイビー・リーガーが着て流行ったコートで、
ポロ・コートといえばキャメル素材で仕立てるものだ。

キャメルのコート
ポロコートではないが、キャメル・ヘアーで仕立てたコート。

キャメル ヘアー

キャメル・ヘアーは、一頭のラクダからの採取量は少なく、光沢があるため、非常に高価だ。
体のどの部分か、によって柔毛と剛毛に分けられる。

スーツ・ジャケット素材 モヘア

2016年10月9日 ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ | Cloth

スーツ素材 モヘア
 アンゴラ山羊の毛を、モヘアと呼ぶ。
写真のように、モヘアはとても白い。

アンゴラ山羊は2歳過ぎから毛が太くなる、
そこで生後6か月までの子山羊の毛(キッド・モヘア)が珍重されている。

そして、モヘアはスケールが少なく、絡まらないため、涼感があるのだ。

%e3%83%a2%e3%83%98%e3%82%a2%ef%bc%92

%e3%82%a6%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%a9%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%ab
この拡大図はモヘアではないが、顕微鏡で拡大してみると、ウロコのようなものが見える。
表面のウロコ、これがスケールだ。

 
我々の髪の毛にもあり、
やってみて欲しいのだが、髪をちぎって(ちぎらなくても良いが)生え際の方から手で擦ってみる。
そうすると、つるんと滑るはず。

ところが今度は逆に、髪の先から生え際に向かって擦ると、

ひっかりが違うと思う。
これは髪にもスケールがあるからだ。

モヘアはウールなどに比べてスケールが少ない、
だから絡まらない、だから涼感があり、あのシャリッとした春夏の生地として成立するのだ。

しかし、そのようなことから、経糸には使用することができない。
現実的に、モヘア100%という織物があったとしても、
それは横糸モヘア100%で、
経糸はウールになる。
(ただし、日本の橋本毛織が真のモヘア100%をリリースしたらしい)

ちなみに、キッドモヘアと普通のモヘア、
一体どう違うのか?という質問を大西先生にしたところ、回答はこうだ。

 
「キッドモヘアと普通のモヘア?
大差ないよね。」