オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
オーダースーツBOTTONE クルーの本日の気づき

Rutherford 806 フォリオケース

ラザフォード

小脇にかかえて、サッと出かけられるような鞄が欲しい。

そんな思いが出始めたのは、かれこれ4年前の学生時代だったでしょうか。

最小限のものしか持ち歩かないというスマートさと見た目の美しさ

そしてハンドルがない為、他の鞄に比べ少々不便なところ(いい意味で、どこか不便さがあるからこそかっこいいのではないかと思っております。)

そしてそれを身に纏い、自然に立ち振る舞うダンディズムを持った紳士にずっと憧れを持っておりました。

ちょうどそのタイミングでクラッチバッグ

流行となり、多種多様な色や形、そしてそれを身に纏う方達が爆発的に増えたこともあり、結局手が出せなかった事が少々心残りでありました。

当時からだいぶ時期は過ぎてしまいましたが、ようやく いいな と思える鞄に先日出会える事ができました。

・Rutherford 806 フォリオケース

(当サロンでの取り扱いはございませんのであしからず)

英国製のブライドルレザーで作られているので、使い込む毎に光沢が増し、経歴変化を楽しむことができます。

ラザフォード

靴など、他のものにも同じ事が言えるのかもしれませんが、

履きはじめ、使いはじめのピカピカ皮製品は

私個人としては少し苦手で、使い込み、オイルなどの手入れを重ね、ようやく身体に馴染んできものこそ、世界に一つだけの、自分にあった逸品なのだと考えております。

学生時代、継ぎ接ぎだらけのエナメルシューズを履いているチャールズ皇太子のスナップを見て、スコーンと衝撃が走ったのを覚えています。

彼は20歳の時にロンドンのJOHN LOBBでビスポークしてから、40年間以上履き続けているそうです。

痛んだ部分は同じ革でパッチで補修しながら履き続けていて、チャールズ皇太子ほどの裕福な方であれば、躊躇なく新しい靴を新調できることと思いますが、そうではなく、補修しながら大事に履いていくジェントルマンの精神。

まさに思い描く英国紳士ではないでしょうか。

世界の紳士達に見習い、物を大切し、そしてそのプロセスの感動をたくさんの方に伝えられるように、来週も真北に向けて、努力していきたいと思います。

  • ラザフォード
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

嶋田嶋田 記事一覧はこちら>>三度の飯より服が好きな、オーダーサロン ボットーネクルー。
人と関わりたいという想いとファッションに情熱があったものの銀行に入社。しかしファッションへの情熱が消えずセレクトショップ勤務経験後、スーツコンシェルジュを目指すべくボットーネ社に入社。

2017年2月3日
オーダースーツ ボットーネのブログ | オーダースーツBOTTONE クルーの本日の気づき

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles