オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
  • ボットーネ メールでのお問い合わせ
  • 世界各国から取り寄せ 選べる生地 有名ブランドから隠れた名門生地までイタリア・英国・フランスなど選りすぐり
  • ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365
  • 大西基之先生の素材の講義
  • 松はじめのスーツの着こなしブログ
  • オーダー完成日

捨てるプライドと守るプライド

image

売れ続け芸能人と、そうでない芸能人の差は、意外なところにあるらしい。

それは、

髪型、

そう教わったことがある。

え?髪型?と思ったが、

売れ続ける芸能人は、髪型をその時のトレンドや、自分のポジション、そうしたものを取り入れて変化していくんだとか。

で、反対に、

売れ続けない芸能人は、

売れてたときの髪型を、引きずるのだそうで、

変えられない。

過去の栄光から脱皮できない。

これはなかなか深いと思った、

私はその話を聞いてから、髪もそうだし、服も、仕事のスタイルも、どんどんモデルチェンジしなくては、と思った。

服はトレンドがある、

クラシックな服や、ビジネスのスーツスタイルはトレンドとは無関係では?と思いがちだが、本当に微妙な変化があり、

それを少し取り入れるだけで違う。

それはお客様が言っていたが、

メルセデスベンツのマイナーチェンジのようなもので、

どこが変わった?というような、例えばちょっとだけライトの角度が変わった、とか、そういうものが、スーツにもあって、

メルセデスに乗ってるとわかる、というようなものだ。

だから決して一つのスタイルができるということは、それで完成ってんじゃなく、

そこからどう変えていくか、だと思う。

つまり、守りに入ってはいけない。

色々なことで、守りに入っていないだろうか?

変化するって、何か怖い、それはわかる、

でも、そうやってこだわったちっぽけな自我なんて、大したもんじゃない、

もし明日死ぬとして?くらいに考えてみたら、

変なプライド捨てて、やることやりな!そこからや、と言いたい、クルーに、そして自分に。

かくなる私も、これまで、責めて責めて、

責め続けていたつもりだが、

どこかで制限をかけていたのかもしれない、と思うような学びがあったから気づけたわけだ。

しっかし、また大きな学びである。

学びというと聞こえはいいが、

実際にテーラーという組織で起きる課題は、

現場で働く者としては、ダイレクトな問題。

でも、

ご縁あって就かせて頂いている、この仕事、

日々、ささやかな、嬉しいことがあり、

楽しい。

今回の課題も、

たくさんの気づきを与えていただいた。

起きた問題から、何を学び、

そしてそれらを外部のせいにせず、

自分のせいと考える、

このことは実は20歳のときに上司から教わり、当時はそんなの簡単、と思ったものだが、これは深い。

全て自分ごとにすれば、

そこから気づきや学びを得られる。

全て他人や社会のせいにすれば、

そこに見栄とプライドが生まれる。

捨てるプライドと、守るプライド、

間違えてはいけない、と改めて思う。

明日もオフ、仕事もプライベートも、全身全霊全力で今を生きようと思う。

明日も真北へ!

  • image
  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

2016年1月7日 ブログ | ボットーネ代表のスーツ・ジャケットスタイル365 ありのままブログ