オーダースーツ・オーダータキシード 東京 BOTTONE(ボットーネ)

あなたのスタイルコンシェルジュ ボットーネ 問い合わせ
明日は何着よう?松はじめのスーツの着こなし術

結婚を考えている男性なら知っておきたい!プロポーズのサプライズ ダイヤモンドプロポーズをおすすめする理由

サプライズでプロポーズ!ダイヤモンドプロポーズって何?

プロポーズというとどんな絵が思い浮かぶだろう?

夜景の綺麗なレストランで、結婚指輪の箱が登場。

彼女はその箱をパカッと開ける、するとキラッと光るダイヤとリングが・・。

と、こんな時代はもう過去のもの。実は過去のプロポーズ方法だといくつか越えなければならない壁がある。

 

・彼女の指のサイズって何号だっけ?

・彼女の好みのリングって、どんなのだろう?

・そして男性1人、ジュエリーショップの店舗に入る・・・

 

松はじめ
いざプロポーズ、あれ?彼女の指のサイズって・・・?そもそも好みのリングもわからない。

もしわかっても、なかなか男性1人ジュエリーショップに入るというのは抵抗がある、そう思いませんか?私はそうでした・・。

そこで、そんな悩みを解決したのが、ダイヤモンド プロポーズだ。

まずはダイヤだけでプロポーズをする、返事がOKなら一緒にリングを見に行こうよ、と伝えればOK。

これならリングを見に行こう!というサプライズにもなり、彼女好みで選んでもらえるので失敗がない。

なんと良い時代だろう。

ダイヤだけ渡してプロポーズ リングは二人で選ぼう

プロポーズというと、指輪を送るもの・・・そんな常識はすっかり変わってしまった証拠に、今回取材させていただいたブリリアンス+には、半分以上の男性1人でダイヤだけを買いにくるというのも驚きだ。

指輪を買う方はほとんどいなくなったのだそうだ。

“大髙さん”

ダイヤとリングを2回に分けると、お財布にも優しいですよね。

あと、二人一緒だと女性はダイヤはこれがいい!って言いにくいんです。笑

これが、リングだけになると選びやすい、本当に好きなデザインを気軽に選べるってとこもダイヤもんどプロポーズのメリットなのかなと思います。

 

人物紹介

株式会社キュー ブリリアンス+ カスタマーサポート リーダー

大髙 佳菜。

ひとりでも多くのお客様の幸せをお手伝いできるように、とブリリアンス+のショールームでダイヤモンドのアドバイスや提案を行う。

— BRILLIANCE+(ブリリアンスプラス)とは

BRILLIANCE+はオンライン上でダイヤモンドとリングを選んでオーダーメイドすることが出来るブライダルジュエリーブランド。

婚約指輪は700万通りの組み合わせからオーダーメイド可能。ダイヤモンドは常時10,000個以上、リングは200デザイン以上から選択可能で、ダイヤモンドのグレード、リングデザイン、予算など好みに合わせて選択することが出来る。

オンラインに特化し、流通コストを抑えることで、熟練の職人たちが手掛ける高品質のリングをリーズナブルな価格と豊富なバリエーションが魅力。

ブリリアンス+の大髙さんにお話をお伺いしたが、確かにダイヤモンドプロポーズは、他にもメリットがある。

・入りづらいジュエリーショップに行く必要なし。ネット購入か、ショールームで落ち着いて打ち合わせして購入。

・安い、ダイヤモンドブローカーから直接買う感覚。

・彼女の指のサイズ、わからない?大丈夫、リングの好みもわからないから、後で彼女に選んでもらおう

最近のトレンド、ダイヤモンドプロポーズの秘密に迫るべく、松はじめは中之丸と一緒にダイヤ選びを体験してきた。

この記事の目次

サプライズのプロポーズ ダイヤモンドについて

ダイヤモンドはどう選ぶ?

ダイヤモンドでサプライズ プロポーズ、そうなると特に重要なのがダイヤモンド選び。

リングという装飾がない、裸のダイヤモンドで勝負するのだから最重要課題だ。

大髙さんにダイヤモンドの選び方を聞いてみた。

“大髙さん”

ダイヤモンドは品櫃評価の国際基準というのが決まっています。それが4Cといい、国際基準で決まっているものです。

聞いたことはありますか?

“中之丸真吾”
カラットなどは聞いたことあります。

ダイヤモンド選びここだけ押さえおきたい4C

・ダイヤモンドには国際基準の単位がある

・それが4C(カラット)

・4Cとは、1:カラット 2:カット 3:カラー 4:クラリティ

世界中でダイヤモンドの品質を評価する基準は、G.I.A.(米国宝石学会)の品質評価国際基準に基づいた4Cで評価されることをご存知の方もいらっしゃるかもしれない。

それが、カラット・カット・カラー・クラリティだ。

ダイヤモンド選びここだけ押さえおきたい4C

■ダイヤモンドのカラット

“大髙さん”
ダイヤモンドの4Cって、カラット重さの単位なんです。大きさと思っている人も多いですが、、、
“中之丸真吾”
重さなんですね!

大髙さんによれば、ダイヤモンドの見た目を一番左右する部分なので、カラットにこだわる人も多いという。

カラットは一番わかりやすいところだからだ。

  • 1つ目のCはカラット
  • カラットは重さ
  • 1カラット=0.2g
  • 見た目を一番左右する
 
ダイヤモンドはカットも大事

“大髙さん”
次はカット、
ダイヤモンドってきらきらする印象があると思うんですけど、ダイヤモンドの輝きに一番影響するのが、このカットです。

私たちが想像するよくあるダイヤモンドの形は、「ラウンドブリリアントカット」という名前がついているそうだ。

“大髙さん”

上から入った光を最も効率よく反射するために作られた形です。

形と仕上げの評価でダイヤモンドのグレードが決まります。

どんなダイヤモンドも、きれいに磨かれていないと輝きを発揮しない。

面と面が対照になっていないと、どこかで輝きを逃がしてしまうので、この2つの項目もカットの評価に関わる。

“大髙さん”

このカットのグレードが、エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェア、プア などの5段階に評価されます。

エクセレントカットの物ををさらに細かく3つに分けています。

カットのグレードがエクセレントの中に、ポリッシュとシンメトリーという2つの仕上げの項目には、さらに個別評価が加わってきて、この個別評価もエクセレントからプアまである。

“大髙さん”

カットグレード、ポリッシュ、シンメトリーのそれぞれが「エクセレント」の時、トリプルエクセレントと呼ばれます。

“中之丸真吾”
違いは、一目でパッと判別できるものなのでしょうか?

“大髙さん”
わかんないんですよ。

“中之丸真吾”
そうなんですね!(笑)
  • 2つ目のCはカット
  • 形と仕上げのレベルで評価が決まる
  • 輝きに一番影響する
  • 評価が細かい
 

“大髙さん”
そうなんです、見た目には正直ベリーグッドくらいから分からない・・という方も多くて、さらにエクセレント以上からはほぼ分からない。

おまけといったらなんですが、彼女さんにも見てもらいたいな〜と、ハートを射止めるダイヤモンドというのも素敵なので、、、

“中之丸真吾”
それは、ストーリーがありますね!

シンプルに考えるとあるレベルから肉眼ではわからないわけなので、ブリリアンス+に相談しておすすめクオリティを聞きながら選んでみても良いかもしれない。

ダイヤモンドには色がある カラー

“大髙さん”
次がカラーグレードですね。
ダイヤモンドって全部無色だと思っている人も多いんですが、

“中之丸真吾”
そうですね、色味があるイメージはないですね。

実はほとんどのダイヤモンドに、色が認められていているのだそうだ。

無色のDカラー >> Zカラー へと色が変わっていく。

実際のところIカラー以上は変化がわからない。

“大髙さん”
ここから上になると隣同士で並んだものに関してはほとんど判別が難しいんです。

上から見た状態でなく、ひっくり返した状態で鑑定するので、、、。

なぜかというと、上からの光だと反射してしまうから、光の環境によって色味が違って見えてしまうんです。だから上からじゃなくて下からみて評価するんです。

  • 3つ目のCはカラー
  • ダイヤモンドには色がある
  • DカラーからZカラーまで
 

ダイヤモンドのクラリティ

“大髙さん”
最後です、クラリティ。これが一番聞きなれない言葉かなと思います。

これは透明度の評価の事。ダイヤモンドは天然物なので、内包物やキズが必ずあり、その量や位置を評価したものなんです。

クラリティはIクラス、SIクラスから上の物とで大きく評価が分かれ、

VSクラスになると初めてダイヤモンドを見る人では発見が難しいレベル(プロなら発見できる)が、

VVSクラスまで行くとプロでも難しくなってくるという。

  • 4つ目のCはクラリティ
  • クラリティは透明度
  • VSクラスで素人目にはわからない、VVSクラスはプロでも発見しづらいレベル

4Cを元にどうやって選ぶ?

“中之丸真吾”
大髙さん、これがダイヤモンドを評価する4Cなんですね。

4Cは分かったけど、今度はどうやって選べばいいのか・・・

“大髙さん”
ほとんどの方がそうだと思います。

何を優先していったらいいのかな?と迷ったときに為に、弊社では2C+2Cという考え方をおすすめしています。

大きさのカラット、輝きのカットは、一般の方でも比較的区別が付きやすいものになっていて、カラーとクラリティはプロでも日常生活の中では判別するのが難しいものになりますので、カラットとカラーは拘っていただいて、カラーとクラリティは幅を持たせて選んでいただくと、お気に入りのダイヤモンドを見つけていただけるのでおすすめとしています。

ブリリアンス+の大髙さんのおすすめは、一般の人でも区別が付きやすいところだけこだわって選んでみては?ということだった。

区別が付きやすいのは、重さのカラットと、輝きのカット。

色(カラー)と透明度(クラリティ)は幅をもたせておけば良い。

ブリリアンス+ではおすすめのクオリティを用意しているそうなので、ブリリアンス+に行って相談しるのも良いと思う。

BRILLIANCE+の来店予約はこちら

在庫ないから格安というメリットの正体

ブリリアンス+の無在庫販売

“中之丸真吾”
こちらにはどのくらいのダイヤモンドが置いてあるんですか?
“大髙さん”
実はここにはほとんどないんです、、
“中之丸真吾”
えぇっ?ないんですか、ダイヤモンド!私のイメージは、ショーケースに飾ってあるものを、覗き込んで・・・というものでした。

“大髙さん”
そうですよね!
弊社にご来店いただいたお客様でも、入ってすぐにみなさん驚かれます。
「えっ!? 座るの??」って感じに。笑

ブリリアンス+は、無在庫販売。

在庫を持たないから、安い・・・当たり前のロジックだ。しかし店頭にすらダイヤモンドを飾っていないなんて、なんて潔いんだ。。。

というわけで、ジュエリーショップより圧倒的にリーズナブル。

中間マージンをカットしているからリーズナブル

“中之丸真吾”
するとサイトに載っているダイヤは?
“大髙さん”
いくつかのサプライヤーのデータベースを一つにまとめてご覧いただいています。お客様から注文があって初めて弊社に入荷してくるシステムになています。

ダイヤモンドは基本的に「リスト」で業者間で取引されているのだそうだ。

厳密に基準が4C審査されているから、実物を見ないで取引できるということだ。

松はじめ
逆に私たち個人でも希望の品質を選んだら、そのとおりの物が届くといって間違いないわけですね。

ブリリアンス+がリーズナブルな理由のもう一つは中間マージンを削減していること。

“大髙さん”
デパートなどにあるものはいろんなところを経由してお客様の手元にとどく、そのひとつひとつに当然中間マージンがかかるので高額になる、しかし弊社はそこを全部自社で行っているので、お客様にご提供する価格を抑えることができています。
“中之丸真吾”
ダイヤモンドには基準があって、価格が決まる。それを中間マージンをカットしてお客様に届ける、、これは知らないと損ですね。

ショールームではイメージ作りも可能

ダイヤモンドだけ見てもイメージが付かない時は、リングに着けてイメージを組み立ててもらうこともできる。

また、カラットの大きさ比較サンプルがこちら。

0.2 0.3 0.4 0.5 と並んでいる、実際に見ると微妙な違いが分かる。

“中之丸真吾”
数ミリでもこんなに変わるんですね!特に0.5って大きいですね! 数字よりも差を感じます。

そして本物のダイヤモンドも見せていただいた。
サンプルと比べると輝きが全く違う。

ブリリアンス+に行ってみる

「お客様の手元に届いたときに、想像以上のものになるように私たちも一番心掛けています。

私たちが最も大切にしていることは、自分にとって大切な人に送るというような気持ちで、すべてのお仕事をするということ。
そういう部分で、お客様にも安心していただきたい。

ダイヤモンドが届くと、お客様が想像以上に喜んでいただける

店頭に取りにいらっしゃる方も多いんですけど、ダイヤモンドの箱をパカッと開くと、すごく目を輝かせながら、ずっっと見ているので、それが、すごく喜んでいただいているんだと実感する。
その表情をみると、間違っていないんだな、といつも思っています。」

大髙さんは最後にそうおっしゃっていた。

今回はサプライズ・プロポーズをする時の、新しい形、ダイヤモンドポロポーズに焦点をあてて、どうやって男性が1人でダイヤを選べば良いのか?を解説していただいた。ショールームに行けばさらに詳しく解説やアドバイスしてくれるそうなので、これからプロポーズをする、ダイヤモンド選びをするという方は一度相談してみては?

BRILLIANCE+の来店予約はこちら

ブリリアンス+のウェブで買ってみる

“中之丸真吾”
ネットでも購入できるという事でしたが、実際に来店される方と、ネットで購入される方はどちらが多いですか?
“大髙さん”
今は、全体の6〜7割ぐらいが来店されていますが、ダイヤモンドだけだと4Cさえ理解していれば購入できます。

ダイヤはネットで購入して、リングの購入は彼女さんと一緒に、という方も最近増えてきました。

リングは付けてみないと分からないかたが多いのだが、4Cの基準は厳しいものだから、ブリリアンス+さんに行ってポイントさえつかめば、お得にダイヤモンドがネット購入できるはず。

BRILLIANCE+

  • この記事が気に入ったら いいね! しよう

松 甫松 甫 記事一覧はこちら>>表参道の看板のないオーダーサロン 株式会社ボットーネ CEO。
自身もヘッド・スーツコンシェルジュとしてフィッティングやコーディネートを実施。
クライアントは上場企業経営者、政治家、プロスポーツ選手の方をはじめ、述べ2,000人以上。

2018年10月30日
ライフスタイル | ニュース

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

おすすめ記事

Recommended Articles

  • オーダースーツ オーダータキシードのボットーネ
  • リメイクできるタキシードオーダー

Recent Articles